ブランクのある看護師が復職する場合、どのような研修を受けられますか?

ブランクのある看護師が復職する場合、どのような研修を受けられますか?

ブランクのある看護師が復職する場合、気になるのが研修制度ですが、どのような研修を受けられるのでしょう。バリバリ働いていた看護師が、結婚や出産を機に一度退職すると、復職する際、不安になります。一度退職して看護の仕事から離れていると、不安要素になるのがブランクです。

 

現場を離れていると、働いていた時に培った看護技術の腕はどうしても落ちます。また、医療は常に進歩しているので、新しいことに対応できるかどうかの不安もあります。ブランクのある看護師が復職する場合、どのような研修があるのかというと、それは復職支援のための研修で、一般的には、『一人一人に合った研修プログラムに基づく3か月の勤務研修で、給与を受けながら、復職に必要な看護技術を学び直すことができる』ようになっています。

 

ナースセンターの相談員がサポートしてくるので、安心して復職することができます。復職支援の研修を受ければ、一人一人にあった働き方と研修計画を立ててくれるので、生き生きと職場復帰ができます。2006年に7対1入院基本料が導入されて以降、復職支援制度を充実させる病院が増えています。